金の買取り店へ持ち込むものは、金製のものであればアイテムは問いません。

壊れてしまったアクセサリーやジュエリーも、買取りの後は溶かしてしまうので、特に問題はありません。

ピアスのキャッチがなくなったもの、石がとれてしまったもの、切れてしまったネックレスのチェーン、サイズの合わないリング、腕時計のベルト部分、古いコイン、金歯などを持ち込む人もいます。

帯留めやベルトのバックルの部分など、どんな形態であっても、金であれば買取りは可能です。

査定は数分で終わるお店もあります。

グラム単位で買取り価格がつくと考えがちですが、1グラムに満たないサイズの金も買い取りするというお店は多いです。

まずは、買取り店側に直接問い合わせるのが一番正確です。

特に価格変動がある金の場合、買取りを依頼する日の相場で査定してもらわないと、翌日には価格が変わっていることも多くあります。

インターネットで調べると、その日の金相場がわかりますから、少しでも金の価格が上がっているタイミングで買取り依頼をするのがスマートでしょう。

◆参考URL⇒
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NWG1ZF6KLVRC01.html

自宅や勤務先の近くに金の買取り店が見つからないという人は、宅配買取を行う店舗も数多いので、宅配買取りを利用してみるのもいいでしょう。

多くは梱包に使われる箱などから、送料まで無料で受け付けをしてくれます。

査定額に納得がいかないという場合には、返送の際の送料も会社が負担するというケースがあります。

買取り金額は金の相場だけでなく、査定料、送料、手数料、目減り料で大きく左右されてしまいますから、査定を取る場合にはこのあたりの内訳を良く確認しておきましょう。

金の買取りに持ち込むアイテム はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.