金の買取りでは、買取り不可になるものもあります。

たとえば金貨の買取りでいうと、法定通貨で円表記がされているコインに関しては、リサイクル店では扱いができないケースがあります。

円表記のある通貨やコインは、古銭やコレクション品という枠を設けて、別途に買取りをするリサイクル店もあります。

注意が必要です。

また、金の現物資産として取引がされている地金型のコインに関しては、地金価格で取引がされるため、リサイクル店ベースでの取引とは分けている店舗もあります。

金製とはいえ、工業製品のプリント基板やワイヤーなどを金の買取り店へ持ち込んでも、買取り不可になります。

他に、金の内容がわかりにくい時計、粉末になったもの、メッキ品などに関して、買取りを不可としている店舗もあります。

ライターなどの危険物も同様です。

ひとつの店舗において買取りが不可であった商品が、別の店舗では値段がつくこともままあります。

買取り店舗は一店舗にしぼらず、複数のお店に立ち寄ってみるのは、こうした事情もあります。

あらかじめ、電話やメールなどで問い合わせを行っておくと、無駄足にならずに、スムーズに査定までが進むので、買取りを依頼する際には、問い合わせを怠らないことも大切です。

金の買取りに関しては、金の品位が価格決定でも大きくものを言います。

K9以上の品位の金を買取るとするお店が多いです。

買取り依頼を出す段階で、金の品位が不明なものは、特に前もって店舗に相談しておくようにしましょう。

買取り不可になる可能性のある金商品 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.