金の買取りの査定は、買取り店によってさまざまな方法で行われます。

専門の機器を使って、金の含有量を鑑定して、そのまま店舗ごとの価格基準に照らして現金に換金するところなどさまざまです。

蛍光X線検査装置などを導入している店や、専門の担当者が鑑定を行うところもあります。

自宅で金の鑑定を行う場合には、刻印の確認から始めます。

純金、18K、24Kなどの刻印が見えれば、品位の目安になります。

注意点としては、金の品位をあらわすそうした数字とアルファベットの組み合わせの刻印に、後にGP・GEP・GF・GRなどと続けてある場合には、メッキ加工がされているという意味になります。

刻印の内容はきちんと確認しておきましょう。

金は重量感があるので、見た目の大きさから考えて、ずっしりとした重さを感じるものです。

金の品位が怪しいと思うなら、お店に持ち込んで専用の機械でしっかり鑑定してもらうのもいいでしょう。

自分で購入したものでなければ、家族のだれがいつ、どこで買ったのかもわからない金製品もあるでしょう。

海外での購入のケースもあるかもしれません。

金の品位を含め真偽がわからないものは、一度調べてもらおうという気持ちで持ち込むのでもいいと思います。

思いがけず、良い品質の金を持っていたということに気づくこともあるかもしれません。

買取店は金の材質の確認ができれば、その日のそのお店の価格基準で査定を出してきます。

納得がいけばその場で買取りの取引を終えることができ、その日のうちに現金取引が終わるケースも。

納得がいかなければ、無理に売却する必要はありません。

金の買取りの流れ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.