金の買取りには、本人を確認できる身分証明書が必要になります。

古物営業法に基づいて、所有物を売却するときには、必ず公的機関が発行している証明書が必要になります。

免許証、保険証、パスポートなどを、売却予定の金のアイテムと一緒に、買取り店に持参しましょう。

本人確認には、社員証や公共料金の請求書などを持ち込んでも、該当しないので注意が必要です。

持ち込みには、金以外のアイテムも同時に買取りを行うお店が多いので、売りたいと思っているものを複数持ち込むことができます。

たとえば、宝石がついたゴールドとプラチナのコンビのジュエリーなどは、そのまま持ち込んで、それぞれの買取り価格を査定してもらうことができます。

お店によっては、持ち込むアイテムが多いほど、査定額も良くなるところがあります。

お店は売れる品物ならば高額でも買取をしますから、一度に持ち込む方がお得になります。

金を専門に買取りを行うところは少なく、ブランド品、プラチナやシルバーなどの他の貴金属、ダイヤモンドをはじめとした宝石、携帯電話やスマートフォン、カメラなどあらゆるアイテムを買取りしているお店も少なくありません。

あらかじめ電話やメールなどで、他にも不用品が手元にあるけれど、買取りは可能かどうか、買取りの相場はいくらくらいかなどを問い合わせておくのもいいでしょう。

引越しで出てきた不用品、衣替えでもう身に着けないことがはっきりしているブランドアイテムなどがあれば、まとめて買取り依頼する方がお得です。

金の買取りのコツ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.